バイアグラでセックスに自信がつけば

愛液の色と病気の知識

愛液の色と病気の知識

愛液の色と病気の知識も持っておくと、病気を事前に防ぐこともできるようになり、結構役立つものです。
バイアグラでセックスに慣れてくれば、こうしたことを知っておくのも良いかもしれませんね。
通常、愛液は無色無臭ですが、何かおりもののようなものが多く混ざっていたり、悪臭がする場合、何らかの疾患の恐れもあります。
血が混ざっていたり、悪臭がひどい場合は、やはり医療機関の診察を受けたほうが良いでしょう。
愛液の色は多少変化することがあり、生理前は少し白っぽくなったりします。
また、水分の摂取量が多いと愛液の量も増えます。
愛液が黄色の場合、トリコモナスの可能性があります。
白い塊が混じっている場合、カンジタ膣炎の可能性があります。
カンジタ膣炎は、性病ではなく移る可能性も低いのですが、完治するまでセックスは控えたほうが良いでしょう。
稀に、セックスのたびにカンジダ膣炎になる場合もあります。
この場合、男性がカンジダに対する抗真菌薬の塗り薬を使うことで改善されることがあります。
カンジタ膣炎を防ぐには、湿気を避け、ストレスをためないようにすることも大事です。
バイアグラの通販サイトや薬などの知識と同時に、愛液の色と病気など、疾患の知識も持っておくとセックスも安心して出来ますね。

セックスに余裕が出てきたのなら

女性の演技で、バイアグラの効果もさらに実感?
セックスのとき、女性は多少の演技をするもの、とも言われます。
女性の演技には、いくつかの理由があるようですが、理由はともあれ、バイアグラでセックスに余裕が出てきたのなら、少しばかり女性が演技するのを楽しむくらいの余裕があっても良いかもしれませんね。
女性が演技する理由として、まず、多少のオーバーアクションを行うことで、女性自身も自分の気分を高まらせ、よい気持ちになりたいから、ということがあるようです。
同時に、男性がわざわざバイアグラまで飲んで、頑張ろうという気持ちになっているのだから、女性も多少は気持ちよくなっているように演技して、男性に満足してもらいたい、という心遣いもあります。
こうした女性の演技は、男性にとっても嬉しい行為といえますが、一方で、男性にとってあまり有難くない理由もあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ